個人再生は借金総額が5,000万円以下のときに可能

債務整理を行う場合、任意整理という方法を用いることが多いのですが、借金の金額が多すぎる場合、任意整理では対応できないことがあります。そんな場合には、個人再生という方法を取ることが多いのですが、個人再生のことを調べていると、同じような民事再生という言葉を目にすることがあるでしょう。

この個人再生と民事再生というのは、どこが異なっているのでしょうか。実は殆ど一緒なのですが、手続きの方法が異なっています。個人再生は比較的手続きが簡単なのに対して、民事再生は手続きの方法が複雑になっているのです。他にはどのような違いがあるのかというと、個人再生は借金総額が5000万円以下という条件が付いています。民事再生には個人再生のような条件は付いていないので、いくら借金があっても条件がそろえば手続きが可能です。

ちなみに住宅ローンなどは借金に含まれないので、住宅ローンが5000万円以上あっても、個人再生の手続きを行うことはできます。さらに手続きの費用なども異なるので、詳しくは弁護士に相談をしてみましょう。

その他の関連レポートを読む:

  • 債務整理に詳しい弁護士を選ぶ債務整理に詳しい弁護士を選ぶ 債務整理に強い弁護士を探す方法 債務整理を行う場合には、自分の生活がかかっているので、できるだけ債務整理に詳しい弁護 […]
  • 会社が倒産したときにも債務整理は行われる会社が倒産したときにも債務整理は行われる 必ずしも自己破産する必要はない? 最近は不景気な時代が長続きしていますし、次から次へと増税されてしまうため、中小企業 […]
  • 最も一般的な任意整理最も一般的な任意整理 早期対策が大切!任意整理という債務整理 債務整理を行う場合、最も一般的な方法が任意整理です。債務整理の方法にはいろい […]
  • 債務整理の最終手段は自己破産債務整理の最終手段は自己破産 自己破産にもメリットがある!借金帳消しなど バブルが崩壊してからは、よく自己破産という言葉を耳にする機会が出てきたと […]