必ずしも自己破産する必要はない?

最近は不景気な時代が長続きしていますし、次から次へと増税されてしまうため、中小企業はとても厳しい立場にあると言えるでしょう。そのため、中小企業は倒産してしまうこともあるのですが、もし自分が会社の経営者である場合には、やはり倒産したら弁護士に相談し、債務整理を行ってもらうことも多くなります。

会社が倒産した場合には、当然自己破産をすることになるだろうと考えている人も多いでしょうが、実は必ずしも自己破産をするとは限りません。通常会社が倒産した場合、会社があった土地を売ることになります。自宅で経営している場合は当然別ですが、会社があった土地を売ることで、任意整理や個人再生で十分対応できることもあるのです。

重要なのはいつ倒産という形を取るかになります。借金で首が回らなくなってから倒産をするのか、会社の資産がマイナスになり、プラスに転じることが不可能になったときに倒産をするのかによっても変わってきます。タイミングを間違えなければ、自己破産をしなくても済むのです。

その他の関連レポートを読む:

  • 債務整理に詳しい弁護士を選ぶ債務整理に詳しい弁護士を選ぶ 債務整理に強い弁護士を探す方法 債務整理を行う場合には、自分の生活がかかっているので、できるだけ債務整理に詳しい弁護 […]
  • 債務整理の最終手段は自己破産債務整理の最終手段は自己破産 自己破産にもメリットがある!借金帳消しなど バブルが崩壊してからは、よく自己破産という言葉を耳にする機会が出てきたと […]
  • 最も一般的な任意整理最も一般的な任意整理 早期対策が大切!任意整理という債務整理 債務整理を行う場合、最も一般的な方法が任意整理です。債務整理の方法にはいろい […]
  • 個人再生と民事再生の違い個人再生と民事再生の違い 個人再生は借金総額が5,000万円以下のときに可能 債務整理を行う場合、任意整理という方法を用いることが多いのですが […]